くますけ通信98号

このエントリーをはてなブックマークに追加

         くますけ通信    第98号  大丸薬局
   映画会
 紅葉も色づいてきました。冬が近づいてきましたね。10月の広報紙を、母が見ていた時のことです。イベントの記事を指さしては、「これに連れてって」と言います。それは会場が2階だった為、「階段を上がれないからだめだよ」と言うと、「だったら、これは行ける?」と言います。母が指差すページをよく見ると、入場無料と書いてあるものを探しては、連れて行ってほしいと言っていることがわかりました。
母は、私とどこかに出かけたいのだと思い、母が行けるところはないかと見ていると、文化の森の映画会がありました。車いすでも入れるのかを問い合わせると「先着120名のため、当日並んでもらう必要がある。整理券はない」とのこと。どれくらいの混み具合かを、午前中を見て、連絡してもらうことになりました。
当日はあいにくと 台風が近づいていて、最接近は夕方からでしたが、ぎりぎりまで外出を迷っていました。出る前は雨も小降りだったので、思い切って連れて行きました。映画は「青い山脈」という昔のものでしたので、母にも歌が口ずさめて楽しむことができました。しかし、問題は帰りでした。すでに雨は大降りになり、車の乗り降りにも濡れて帰宅することになりました。
実際に介護をしてみると、こんなに車いすが増えてきても、下調べをしないと安心して外出できない現状があります。私は母を看て、自分だけでは気付けないことに、目が向くことを良かったと思います。            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です