くますけ通信95号

このエントリーをはてなブックマークに追加

 くますけ通信    第95号  大丸薬局
   郡上踊り
 各地で夏祭りの始まる季節です。毎日暑いですね。2年前に親友と「来年、郡上に行こう」と約束して、去年は私の母の入院、友人もご両親の介護があり、お互い相手の忙しさを思い、旅行のことを言えずにいました。後で、二人とも約束は覚えていたことがわかりました。今年こそはと、私は母のショートの希望を出したのですがとれず、友人は旅館が取れないと言い、日程をずらすことにしました。
その話を他の人に話すと、長良川鉄道の郡上踊り列車を教えてもらいました。郡上には数回行ったことがありますが、列車で行ったことはなく、疲れないので乗ってみることにしました。
浴衣を着て出ることにしたのですが、私は下駄がなく、当日に着いてから、一番に下駄を買いに走ろうと思っていたら、郡上踊り列車を教えてくれた友人が「郡上まで行くから下駄を買ってきてあげる」と言ってくれました。「赤い鼻緒がいいわ」と希望を言って、下駄が手元に来ました。母は姉が預かってくれることになり、郡上踊りに行ける準備が整ってくると、介護疲れで、外出する気持ちがあまりなかったのに、8月がとても楽しみになってきました。
気分が沈みがちな時、日常と違う予定を入れてみると(もちろん楽しい予定でないといけませんが)、計画の準備中に、少しずつテンションが上がってくるのを知りました。何をしたらいいかを考え、行動していくことが、自分の中の何かを変えているのでしょう。さあ、出かけてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です