くますけ通信83号

このエントリーをはてなブックマークに追加

         くますけ通信    第83号  大丸薬局
   引っ越し
  お彼岸とともに、暖かくなりましたね。3月と言えば引っ越しの季節。4年前に2人の息子の引っ越しを、同じ日の行い、大変な思いをしたことを思い出しました。
今年も、息子の引っ越しに振り回されています。卒業後、就職してくれるとばかり思っていた息子が、大学院に行くことになりました。大学の寮に残れるかが決定したのが18日。残れなかった場合を考え、アパートの手付はしていたものの、結果はA寮からB寮への移動となり、想定外の引っ越しになりました。A寮にいられるのは25日まで。B寮に入れるのは4月1日以降。つまり、荷物と身体は1週間ほど居場所がありません。急きょ、倉庫ありの引っ越し屋を探すことになりました。出る、入るの2回分のトラック費用と倉庫の預かり代で、その費用10万円以上。その上片づけを1週間で行うという慌ただしさ。
無事に引っ越しが終わるようにと、お彼岸に父のお墓参りに行って、私の卒業時にも父がトラックで来てくれたことを思い出しました。あの頃は、あたり前に思っていた親のありがたさを、子供を育てながら時々思い返すようになりました。父が亡くなって36年。母は「今もお墓参りに来てくれるのはあなただけよ」と嘆きます。
親も子供に頼られている内が華でしょうか?あと2年、子離れは延びてしまいましたが、苦労も親孝行と思いがんばらせてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です