くますけ通信111号

         くますけ通信    第111号  大丸薬局
    ごあいさつ
   松もとれて、日がたちましたが、今年もよろしくお願いします。
我が家は、長女が 正月も仕事の職業についたため、なかなか全員揃うことのない正月が続いていました。今年は全員集まったので、喜びの一句。「皆揃い8年ぶりの お正月」失礼。
一年の初めには、やはり、家族全員の健康が一番と思えますね。初詣に行っても、願うは健康第一。私はおみくじが好きなのですが、いつも中吉とか末吉とかが多く、大吉とは縁遠い運勢ばかりです。今年も引くと「末吉」。けれど読むと、今までの悩みや苦しみが去って、穏やかな一年になるとのことで、まあまあ良い年と言えそうです。帰りにおみくじを結び付けてきたのですが、利き手でない方の手で結ぶと、ワンランク 運気が上がるという話を聞きました。初めて知ったのですが、やってみました。何となくよい一年になる気がします。 
  息子たちは、受験期の時から「神頼みなんていらない」と言う子たちで、娘は「運は自分の手で呼び寄せるもの」と思っている子なので、他力本願の神頼みは私だけみたいです。ポジティブなおばあちゃん似でしょうか?
朝ドラの「まんぷく」の福ちゃんは、理想の妻で、どんな谷に落ちても「なんとかなる!」と頑張る姿に勇気づけられます。なんともならない気持ちになった時は、どうぞ大丸薬局で話してください。胸にためない方が、すっきりした気持ちで がんばれますよ。弱音を吐く場所があってもいいと思います。幸せは倍に、辛さは半分に。お客様に寄りそう店でありたいと思っています。