くますけ通信 第85号

         くますけ通信    第85号  大丸薬局
   鳥の巣
 新緑がきれいですね。玄関の軒先が壊れて、一部穴が開いていた所に 鳥が巣を作っていました。朝、私が玄関を開けると その穴から鳥がバタバタと飛び出します。ツバメではなくハトのような大きな鳥です。何とか穴を塞がなくてはと、兄貴に「連休に直して」とお願いしていたところ来てくれました。
 板を外してみるとワラがたくさん出てきます。2㎝位の青い卵が4つ転がりました。友人に訊くとハトの卵は白いとのこと。私がハトと思っていた鳥はなんだったのでしょう?卵のうちでよかった。ヒナが4羽だったら困ったわと思ったのですが、これも人間のエゴですね。鳥からみれば子供4羽がいなくなったと同じこと。私は自分の家を守るため4つの命を犠牲にしました。
 人間は生きていく中で、無意識であれ、意図的であれ、多くの人間以外の命を犠牲にして生きています。それゆえ、そのことを謙虚に受け止め、生かされていることを大切に思うべきだと思います。生きたくても生きれない命や、前途ある命が失われるとき、本当に胸が痛む思いです。
 けれど人間はすてたものではないので、熊本に行くボランティアの人々や被災地の人々は生きることと戦い、頑張っています。一日も早く余震が治まり、これ以上の被害が出ませんようにと祈るばかりです。今ある安全に感謝しましょう。

くますけ通信第84号

         くますけ通信    第84号  大丸薬局
   介護
 テレビでは、毎日 九州の地震速報が流れています。岐阜は 穏やかでありがたい土地だと感謝していますが、現地では心痛の絶えないことと思います。早く鎮まることを願うしかありません。
私の実家は、 一階の柱を抜いて民家を店に改装しているので、昔から母が 地震が起きても表に逃げないようにと言っていました。実家では、行き場所はお風呂場と決めてあり、仮につぶれても其処を探すことになっています。
3月の終わりのことです。娘の引っ越しで朝早くから動いて、店を開けて2時間たったころ、姉から電話で「母がデイサービスで熱を出しているから、迎えに行ってほしい」とのこと。仕方なく臨時休業にして 母を迎えに行き、その後病院に連れて行き、そのまま家に連れてきました。売り出し期間なのに、30日31日とご来店のお客様には大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。
いつも母の元気に甘えていて、いつか介護が必要になるとわかりながら、深く考えないようにしていました。母が熱を出して、仕事と介護の両立の難しさを改めて感じました。幸い肺炎にもならず、入院もなく一週間で回復してくれて安心しました。仕事と介護を上手にこなしていらっしゃる方、お知恵がありましたら教えてください。本当に健康は何よりありがたいですね。