くますけ通信 第72号

      くますけ通信   第72号        大丸薬局

        イメージ

  三寒四温の言葉どおり、温度差のある日々が続きますね。「暑さ寒さも彼岸まで」そろそろ、桜が楽しみになります。新入生、新人会社員など、春はフレッシュな感じですよね。

 去年から始めた鳴子踊りも、春には衣装替えになるので、先日は犬山ホテルで行われたイベントに呼ばれ、今の衣装の着おさめにと踊ってきました。緊張しやすい私は、イベントへの出席はキライなのですが、今回は断りきれず出席しました。まだ新人の私は、踊りの振りを覚えるのも大変なので、前日まで特訓しても、当日は「やめておけばよかった」と後悔です。

   踊りの振りの中に、舟で揺られている感じで踊るところがあります。先生は「力を抜いて体を揺らすと首が後からついてくる。ゆらゆら体を動かしてみなさい」と練習時に言われたのですが、このゆらゆらと体を動かすことが意外と難しく、不自然に力が入ってしまい、体が動かないのです。「山の曲がりくねった坂を上って行くようにイメージして、体をゆらゆらしなさい。うまくできない人は、体が硬いのではなく、脳が固いのですよ」と言われました。この言葉に、確かに私は脳が固いなあと納得してしまいました。

   踊りの上手な人は、脳も柔軟で覚えるのが早く、私より年齢の上の人でも、みなさん振りをきちんと覚えられるので、脳が若いというのはすごいことだといつも思います。10年、15年と長く続けている先輩方も多いので、少しずつでも努力すれば、老いと戦えるだろうかと、自分を奮い立たせています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !